Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポチッとお願いします→
ランキング

コメント

[C2423]

まずは、しゃこことmikkoさん、本当にお疲れさまでした。
しゃここ…お母さんにはなれなかったかもしれないけど、
あんたはこれから子猫たちの分まで長生きするんだよ。
もう、命を懸ける繁殖からは解放されたんだから。

今まで本当にたくさんの猫たちを見送ってきたのですね。
「まるちゃん」は、私が中絶手術を受けさせた「ノラ」に
似ています。
ノラは、子育てが終わってすぐに
妊娠していました。命を絶ったことのショックと、
猫の繁殖力への驚きに、しばらく頭が働きませんでした。
私も当時は今のmikkoさんと同じ、半々の気持ちでした。
今は…後悔は、ほとんどないかな…
ノラは、手術をしてから本当にのんびり過ごしています。
私が踏み切るまで、何回も何回も出産を育児をし…
雨の中も風の中も、子供のために何度も餌場を
往復していました。
それに、ノラが生んだ子を私は手術すらしてあげられないまま
放浪させてしまった…きっと、病気か事故で、死んでいるはず。
ひもじい思いのまま、新たな繁殖のために
メスを探しまわっていたことでしょう…。

しゃここは人懐っこいのですね。
でも、mikkoさんは十分してあげてると思います。
今はたぬ吉もいるし、一人で抱え込める量には
限界があります。私みたいに、リリースして1年後に
保護するパターンだってあるんですから。
っていうか、近ければ私がしゃここを保護してあげたいぐらい。

野良猫の問題について考える機会が
立て続けにありました。
こうして行動した人がブログで発信することは
とても素晴らしいことと思います。
踏み切れない人に、勇気を与えることができるからです。

長文ですみません。
mikkoさん、お疲れ様です。


とてもオゲレツコメントなんて、書けません…


今日は…

[C2424]

mikkoさんお疲れ様です
しゃここよく頑張ったね

あなたがこれまで見てきた猫達の変わり果てた姿
やはりしゃここだけでもはなんとかしなきゃって思うのは
同然のことだったと思います

私なんか野良達になんにもしてあげられません
いつも通うお花屋さん
ぴーちゃんに供えるお花を買ってるお花屋の奥さんは
大の猫好きで、エサをもらいにくる野良の世話をしてます
人馴れした子は保護して里親探しまでしています
私はなんのお手伝いもできないので
『うちのらいが気に入らないって食べなかったの~
捨てるのももったいないしぃ~もらってぇ~』
とウソを付いて新品のカリカリを開封してもって行くくらいです

野良の保護を積極的にされてる方々には
本当に頭が下がります

今後のしゃここの元気な姿たまに見せて下さいませ





  • 2009-03-28 09:44
  • ぴーまま
  • URL
  • 編集

[C2427]

>chunziさん

chunziさんも同じ想い、苦しみを抱えているんですもんね・・・

生まれてきたであろう命を絶ってしまった罪の重さは、一生忘れられないでしょう。
でも、しゃここが今元気で、そして膝の上でわたしを見つめながら
気持ち良さそうにグルグル言ってくれてるのを見ると
なんだか救われます・・・
ホント、病院のスタッフが皆褒めるぐらいいい子です。
幸せになってもらいたいですね・・・


ていうか・・・
やっぱりいつもオゲレツコメント考えてたんや・・・


>ぴーままさん

ぴーままさんは、優しい方ですね・・・
わたしは、ノラの保護を積極的にやっていくだけが、保護だとは思っていません。
ぴーままさんのような想いも立派な保護だと思います。
要は、大切なのは気持ちや、思いやりだと思うんです。
それがなかったら、何にも始まりませんからね。
出来る限り、しゃここを見守っていきます。

[C2428]

なんて書こうか、ずっと考えてたら・・・レス終わってる~;

mikkoさん、しゃここ、お疲れ様でした。

今は複雑な思いを抱えてるでしょうけど・・・
何が一番正しいのかはわかりません。が、mikkoさんがしたことは間違いじゃない。

冷たい言い方かもしれないけど、生まれてもいない命より、目の前にある、生きている命の方が大事だと思います。
しゃここも、もし母親になっていたら、それこそ本能のまま、きっと子猫を守るために今以上にリスクを背負うことになります。

しゃここの生活場所が、田舎の山奥なら、もしかしたら違う選択もあったかもしれません。
でも、すべての状況を考えて一番いいと思った選択をしたmikkoさんは、ぜったい間違っていないです!

なんて、えらそうなことばかり書いてしまったけど・・・
やっぱり本人が一番つらいですよね。。。

だけど、猫好きとして、しゃここやたぬ吉にしてくれていること、色々感謝の気持ちでいっぱいです。
私も不幸な猫たちを増やしたくないと思いつつ、なかなか行動が伴いません・・
いつかそんな子が目の前に現れたら、mikkoさんを見習いたいです。

あぁ・・・何言ってるのか、わからなくなってきた・・・すみません;

[C2429]

>モモmamaさん

励ましのお言葉ありがとうございます。
モモmamaさんみたいな方がおられると、ホント心強いです。
思いやりの気持ちがなかったら、行動にも出ませんからね・・・
だから、モモmamaさんの持ってる気持ちは、大切だと思います。

しゃここは元気ですよ~
動物の治癒力、適応能力ってスゴイですね。
もうウロウロ探検してますよ。
せっかく子育てから解放されたんだから
元気に長生きして欲しいですね。
わたしはそう考える事にします。

[C2430]

mikkoさん、しゃここ、御苦労さまでした。
2人とも頑張ったね。
mikkoさんはそんなにたくさんの猫たちを見守って来たのね。
いつもバカばっかり言ってるから、本当にわかりにくいわ。

私は、長い不妊治療の末に、やっと授かった命を亡くした経験があります。
今でもそのことを考えると息ができないほど辛いです。
でも、そうやっていつまでも忘れずにいてあげることが、辛いと思っていることが、亡くなった命への供養だと思っています。

亡くした命よりはるかにたくさんの命を救っているmikkoさんは、何ら自分を責めることはないと思います。
しゃここちゃんの幸せを見守ってあげてください。
多くの仲間が応援しています。
  • 2009-03-31 14:37
  • うたえちゃん
  • URL
  • 編集

[C2436] Re: タイトルなし

うたえちゃんさん

あなたにそんな過去があったなんて・・・。
いつもお馬鹿なコメントばっかりだから知る由もありませんでした。

うたえちゃんさんが授かった小さいその命は、姿カタチは変わっても
いつまでもあなたの傍を離れることなく、おとうしゃんとうたえちゃんさんを
遠く空の星の彼方から見守ってくれていますよ。
いつの日か、穏やかな気持ちで振り返れる時がきますように・・・。


・・・だからおやつをケツの下に隠したって無駄ですよーっ!
  • 2009-04-01 10:21
  • mikko315
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nekobakaneko.blog48.fc2.com/tb.php/445-61db1d63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

今日のしゃここ。其の②

下記の記事を読まれた方々へ

わたしの今の気持ちは・・・

 後悔半分。
 前向き半分。

前者は、やはりヒトとしての道徳心から来るものです。
母親のおなかの中で育ってゆく新しい命。
それを絶とうとする身勝手な人間の考え。
小さな命を奪う権利は誰にも無いはず。

それを奪ってしまった後悔。


後者は、これからのしゃここの生活を考えた上でのキモチです。
一番伝えたかったのは後者のキモチでして・・・



しゃここのお母さんはご存知の通りしゃこです。
しゃここには他に4匹の兄弟がいました。
生後3ヶ月も経たない時、ある日を境にしゃここ1匹しか現れなくなりました。
前日まで5匹で歩いているのを目撃しています。
他の4匹はそれ以来姿を現すことはありません。

我が家のこまるのお母さんは「まるちゃん」と言って
職場近くの団地で数年前から餌を貰っている子でした。
過去に数回出産しているのを目撃しており、その度に団地でもらう竹輪を
せっせと子猫達に運んでいるしっかり者の母猫でした。
竹輪を食べていた子猫達の殆どは虹の橋へ・・・。

2年前の春、職場の裏で2匹の子猫を育てているまるちゃんを発見しました。
以来毎日ごはんをあげるようになりました。
怖がりながらもウハウハ言いながらごはんを食べる子猫たち。

それからしばらくして、まるちゃんと子猫1匹が姿を見せなくなりました。
独りぼっちになった1匹は怯えがらもなんとか必死で生きていました。

ある金曜日、職場の裏で子猫のような大きな鳴き声を聞き
探し当てた場所には、へその緒が付いて産声をあげている小さな小さな子猫が居ました。
その子が「マルコ」です。
そして少し離れた場所に、変わり果てた姿をしたまるちゃんがいました。
目は開いているのか分からない位に。
体は痩せこけ、毛ツヤのないボサボサの毛並み。
マルコを近づけても反応なし。
嗅覚を視覚も奪われた様な・・・。
だけど私が近づくと唸り声を上げて威嚇する。

産まれたてのマルコを急いで掛かりつけの動物病院へ運びました。
ミルクの飲ませ方を指導してもらい、友人の助けも得て
何とか無事に休ませてあげることができました。

週が明けた月曜日。
職場の裏でまるちゃんが横たわっていました。
その姿に息はありませんでした。
横たわっていた場所は、独りぼっちになりながらも必死で生きていこうとしている
「傘猫」がいつも居た場所でした。

最期に、傘猫に逢いに辿り着いたのでしょうか。
こんな姿で亡くなった猫を見るのは初めてでした。

それから5日後、マルコも虹の橋へ渡っていきました。

1匹残されたまるちゃんの忘れ形見の傘猫。
よく見ると酷いカイセンにかかっている様子。

長いお盆休みを前にして捕獲する決心をしました。
思ったより力のある子で、かなり手こずりましたが無事捕獲。

それが「こまる」です。


それからも、沢山の猫の死に遭いました。
首輪が食い込み皮膚が腐れかかっていた猫にも出遭いました。

野良猫が今の社会で生活していく厳しさ。
野良猫にとって、出産・子育ては更に命がけなのです。

我が身を削って子育てをする姿は人間も変わりありません。

ただ、妊娠する経緯はヒトとは違うということ。
少なくとも猫に「子供を授かりたい」という欲望は無いと思います。
あるとすれば、それは動物の「本能」なのではないでしょうか。

「本能」のままに命をまっとうすることが出来ればそれに越したことはありません。

しかし残念ながら「本能のまま」に猫達が命をまっとうするには
今の社会、私の職場の周りでは難しい場所となっています。


しゃここのお腹には4匹の赤ちゃんがいました。
おっぱいが張ってきて、おかあさんになろうとしているしゃここに手術を受けさせるのは
本当に辛かったです。

だけど、私は今ここにいるしゃここの命が大切だったということ。
過酷な状況になろうであろう事が分かっているのに、出産させることは出来ませんでした。

産ませて里親を探す、という手もあったかもしれません。
幸か不幸か、「今ならまだ手術は間に合います」というドクターの返答に
お願いします、と頭を下げている自分がいました。


病院へしゃここを迎えに行った時、ドクターが言いました。

「とっても良い子ですよ。野良猫とは思えない位大人しい子ですね。
本当ならリリースより里親さんを・・・」と。

帰りのタクシーの中でも寝息をたててゲージの中で眠っているしゃここ。

今後リリースする予定ですが、状況を見て判断したいと思います。


支離滅裂な文章になってすみません。

イチローじゃないですが、キモチが折れそうでした。

でも自分の出来る限り、不幸な猫を増やさない努力をしていきたいと思います。


最後まで読んでくださって、ありがとうございました。


管理人:mikko315


 























ポチッとお願いします→ ランキング

コメント

[C2423]

まずは、しゃこことmikkoさん、本当にお疲れさまでした。
しゃここ…お母さんにはなれなかったかもしれないけど、
あんたはこれから子猫たちの分まで長生きするんだよ。
もう、命を懸ける繁殖からは解放されたんだから。

今まで本当にたくさんの猫たちを見送ってきたのですね。
「まるちゃん」は、私が中絶手術を受けさせた「ノラ」に
似ています。
ノラは、子育てが終わってすぐに
妊娠していました。命を絶ったことのショックと、
猫の繁殖力への驚きに、しばらく頭が働きませんでした。
私も当時は今のmikkoさんと同じ、半々の気持ちでした。
今は…後悔は、ほとんどないかな…
ノラは、手術をしてから本当にのんびり過ごしています。
私が踏み切るまで、何回も何回も出産を育児をし…
雨の中も風の中も、子供のために何度も餌場を
往復していました。
それに、ノラが生んだ子を私は手術すらしてあげられないまま
放浪させてしまった…きっと、病気か事故で、死んでいるはず。
ひもじい思いのまま、新たな繁殖のために
メスを探しまわっていたことでしょう…。

しゃここは人懐っこいのですね。
でも、mikkoさんは十分してあげてると思います。
今はたぬ吉もいるし、一人で抱え込める量には
限界があります。私みたいに、リリースして1年後に
保護するパターンだってあるんですから。
っていうか、近ければ私がしゃここを保護してあげたいぐらい。

野良猫の問題について考える機会が
立て続けにありました。
こうして行動した人がブログで発信することは
とても素晴らしいことと思います。
踏み切れない人に、勇気を与えることができるからです。

長文ですみません。
mikkoさん、お疲れ様です。


とてもオゲレツコメントなんて、書けません…


今日は…

[C2424]

mikkoさんお疲れ様です
しゃここよく頑張ったね

あなたがこれまで見てきた猫達の変わり果てた姿
やはりしゃここだけでもはなんとかしなきゃって思うのは
同然のことだったと思います

私なんか野良達になんにもしてあげられません
いつも通うお花屋さん
ぴーちゃんに供えるお花を買ってるお花屋の奥さんは
大の猫好きで、エサをもらいにくる野良の世話をしてます
人馴れした子は保護して里親探しまでしています
私はなんのお手伝いもできないので
『うちのらいが気に入らないって食べなかったの~
捨てるのももったいないしぃ~もらってぇ~』
とウソを付いて新品のカリカリを開封してもって行くくらいです

野良の保護を積極的にされてる方々には
本当に頭が下がります

今後のしゃここの元気な姿たまに見せて下さいませ





  • 2009-03-28 09:44
  • ぴーまま
  • URL
  • 編集

[C2427]

>chunziさん

chunziさんも同じ想い、苦しみを抱えているんですもんね・・・

生まれてきたであろう命を絶ってしまった罪の重さは、一生忘れられないでしょう。
でも、しゃここが今元気で、そして膝の上でわたしを見つめながら
気持ち良さそうにグルグル言ってくれてるのを見ると
なんだか救われます・・・
ホント、病院のスタッフが皆褒めるぐらいいい子です。
幸せになってもらいたいですね・・・


ていうか・・・
やっぱりいつもオゲレツコメント考えてたんや・・・


>ぴーままさん

ぴーままさんは、優しい方ですね・・・
わたしは、ノラの保護を積極的にやっていくだけが、保護だとは思っていません。
ぴーままさんのような想いも立派な保護だと思います。
要は、大切なのは気持ちや、思いやりだと思うんです。
それがなかったら、何にも始まりませんからね。
出来る限り、しゃここを見守っていきます。

[C2428]

なんて書こうか、ずっと考えてたら・・・レス終わってる~;

mikkoさん、しゃここ、お疲れ様でした。

今は複雑な思いを抱えてるでしょうけど・・・
何が一番正しいのかはわかりません。が、mikkoさんがしたことは間違いじゃない。

冷たい言い方かもしれないけど、生まれてもいない命より、目の前にある、生きている命の方が大事だと思います。
しゃここも、もし母親になっていたら、それこそ本能のまま、きっと子猫を守るために今以上にリスクを背負うことになります。

しゃここの生活場所が、田舎の山奥なら、もしかしたら違う選択もあったかもしれません。
でも、すべての状況を考えて一番いいと思った選択をしたmikkoさんは、ぜったい間違っていないです!

なんて、えらそうなことばかり書いてしまったけど・・・
やっぱり本人が一番つらいですよね。。。

だけど、猫好きとして、しゃここやたぬ吉にしてくれていること、色々感謝の気持ちでいっぱいです。
私も不幸な猫たちを増やしたくないと思いつつ、なかなか行動が伴いません・・
いつかそんな子が目の前に現れたら、mikkoさんを見習いたいです。

あぁ・・・何言ってるのか、わからなくなってきた・・・すみません;

[C2429]

>モモmamaさん

励ましのお言葉ありがとうございます。
モモmamaさんみたいな方がおられると、ホント心強いです。
思いやりの気持ちがなかったら、行動にも出ませんからね・・・
だから、モモmamaさんの持ってる気持ちは、大切だと思います。

しゃここは元気ですよ~
動物の治癒力、適応能力ってスゴイですね。
もうウロウロ探検してますよ。
せっかく子育てから解放されたんだから
元気に長生きして欲しいですね。
わたしはそう考える事にします。

[C2430]

mikkoさん、しゃここ、御苦労さまでした。
2人とも頑張ったね。
mikkoさんはそんなにたくさんの猫たちを見守って来たのね。
いつもバカばっかり言ってるから、本当にわかりにくいわ。

私は、長い不妊治療の末に、やっと授かった命を亡くした経験があります。
今でもそのことを考えると息ができないほど辛いです。
でも、そうやっていつまでも忘れずにいてあげることが、辛いと思っていることが、亡くなった命への供養だと思っています。

亡くした命よりはるかにたくさんの命を救っているmikkoさんは、何ら自分を責めることはないと思います。
しゃここちゃんの幸せを見守ってあげてください。
多くの仲間が応援しています。
  • 2009-03-31 14:37
  • うたえちゃん
  • URL
  • 編集

[C2436] Re: タイトルなし

うたえちゃんさん

あなたにそんな過去があったなんて・・・。
いつもお馬鹿なコメントばっかりだから知る由もありませんでした。

うたえちゃんさんが授かった小さいその命は、姿カタチは変わっても
いつまでもあなたの傍を離れることなく、おとうしゃんとうたえちゃんさんを
遠く空の星の彼方から見守ってくれていますよ。
いつの日か、穏やかな気持ちで振り返れる時がきますように・・・。


・・・だからおやつをケツの下に隠したって無駄ですよーっ!
  • 2009-04-01 10:21
  • mikko315
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメント

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nekobakaneko.blog48.fc2.com/tb.php/445-61db1d63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Appendix

Profile

mikko315

ねこ好きだが
飼いねこには嫌われている。

Extra

ゆかいな仲間達

毛玉
毛玉(三毛猫 ♀) 初めて保護して飼った猫。 靴下が落ちていると思ったら 走って逃げて行ったので仔猫と判明。 いつも何かを語りかけている。 特技:悪さ ネコキック 勘吉
勘吉(シロサバ ♂)   男前だがビビリ。 立体駐車場の中に落ちているところを 消防隊員の方たちに助けてもらい そのまま「ハイ」と手渡されて我が家に。   特技:ビビリダッシュ きよこ
きよこ(黒ネコ ♀)   なぜか公園のテーブルの上に一匹だけ乗っていて保護。 毛玉が母親代わりとなって育てる。 要領がよく怒られたことがない。     特技:無神経 2015年4月13日永眠 享年9歳 こまる
こまる(キジトラ ♂)   会社の裏で生まれる。 母猫はまるちゃんから「こまる」と名付けられる。 超ビビリで、傘の上や自転車のカゴ カッパの中などに隠れていた。 毛玉が大好き!   特技:早食い、盗み食い しゃここ
しゃここ(黒ネコ ♀) 白血病キャリア しゃこの子供。 特技:大食い、下から目線   2009年7月8日 永眠  享年 1歳6ヶ月 しゃこのこ
しゃこのこ(白黒ハチワレ ♂)  しゃこ母さんの最後の子供で しゃここの兄弟。ハート様が大好き。 性格がマイペースで、母親のしゃこにソックリ。 チャームポイント:口元のホクロ 特技:非情なまでの横取り食い 冷めた目 年末
年末(茶トラ ♂)   会社に急に現れる。 会社に遊びにくる晦日ちゃんの 面倒を見ていたいいアニキ。 ある日車の事故に遭い保護。 今に至る・・・ 特技:大食い、早食い、すぐ舐める しゃこ
しゃこ(黒猫 ♀)   会社の周りにいた黒猫兄弟の中の一匹。 しゃここ、しゃこのこの母親。 皮膚病の為、一旦保護のつもりが やはりそのまま我が家に・・・ この時点で、三世代保護達成に至る。 特技:よく動く短いカギシッポといつも出てる舌。 ヨハネ
ヨハネ(茶トラ ♂)   家に遊びに来る外猫さん。   メスよりもオス好きという噂も・・・   只今、放浪中・・・ ハート様
ハート様(白黒ハチワレ ♀)   家に遊びに来る外猫さん。 体の横にハート柄の模様が出来る事からハート様と命名。 しゃこのこが惚れているっぽい。 特技:人懐っこく鳴き声が超カワイイ。 ボロ吉
  ボロ吉(茶白のキジ ♂) 家に遊びに来る外猫さん。 最初現れた時、全身キズだらけで めっちゃ汚れていたことからボロ吉と命名。 今だ人に懐かず、ごはんをあげると すかさず猫パンチが出る荒くれ者。 しかし、ごはんが出るまで何のアピールもせず 窓辺でチンと座って待っているカワイイ奴。 カツラ課長
カツラ課長(白黒 ♀) 頭の模様がカツラぽかった為「カツラ課長」と命名。 会社に遊びに来る猫だったが 2013年正月頃から体調を崩し生死をさまよい 放っておけすに我が家にて引き取る。 かなりの頑固ばあさん。最近のお気に入りは飼い主の胸の上。 2014.10.29 永眠 享年15~17歳 サビエル
サビエル(サビ柄 ♀) 急に会社に現れる。 きれいな毛並だったので飼い主がいるものと思い 首に手紙を付けたり、後をつけてみるが どうやらノラ猫だろうという事に。 長い間里親募集をするも、その期間に愛着が湧き 晦日ちゃんともものすごく仲がいいので そのまま我が家へ・・・ 晦日
晦日(グレーキジ ♀) 年末と同じ時期に会社に現る。 かなり人間に対して臆病な為 慣れてから募集をかけようと一時預かりをする。 まぁ、すごくキュートなのですぐ里親が見つかるものと思うが 以外に人馴れしない代わりに サビエル慣れしてしまって、放せずに放せず そのまま我が家へ・・・

FC2カウンター

最近の記事

ブログパーツ

あまり猫を叩いちゃうと・・・
走って逃げちゃいますよ(笑)

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。